をあきらめたのではないのである。おぶた

をあきらめたのではないのである。おぶたさまとしての誇りに目覚めたことによるものである。そして冷やすのめんどいからにゅうめんにしたのである。この行いもまたおぶたさまとしての御業である。